カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 馬刺しにおススメのタレや薬味を教えて
馬刺しに合うタレって?

馬刺しに合うタレって?

馬刺しを食べる時に、何もつけずにそのまま召し上がる方はほとんどいないでしょう!馬肉は淡泊であっさりしてますので、少し物足りなさを感じてしまいます。本場、熊本で大道のタレと薬味の組み合わせをご紹介致します。

甘口醤油(九州醤油)

甘口醤油(九州醤油)

馬刺しのお店や本場の熊本で馬刺しを召し上がったことがある方なら、醤油が甘く感じられたと思われます。これは一般的に九州地方の醤油には砂糖や甘味料を入れて作っているからです。これは南蛮貿易が関係してると言われてます。南蛮貿易で砂糖が輸入されて九州では先駆けて【甘味】をしり、全体的に好みとして甘党になって来たと言われてます。九州醤油は甘味料が入ってるので少しとろみがありますので、淡泊な馬刺しとの相性良く美味しさを引き立たせてくれます。しかし、甘くない普通のお醤油が合う方もいますのでこちらはお好みになりますね。是非、一度お試しして下さい。

ゴマ油+塩(ゴマ塩)

ゴマ油+塩(ゴマ塩)

レバ刺し等では食べたことがあるかもしれませんが、赤身の馬刺しにも相性◎作りかたは簡単!ゴマ油に塩を入れるのみ。入れる塩は普通の食塩より岩塩がおススメです。岩塩の方が塩に甘みがありますのでより、美味しくなります。プラスで少しニンニク入れるのもありです。またゴマ油には殺菌効果があり、全食品のなかでもトップクラスと言われるほど、リノール酸を豊富に含みます。リノール酸はコレステロールを下げる働きが高いためダイエットにも役立ちます。また、セサミンやセレンなど、抗酸化作用の成分も多く含まれますので、活性酸素の働きを抑えアンチエイジング・美容にもいいとされます。ヘルシーな馬刺し×ゴマ油は美容に良いこと尽くしですね。

馬刺しに合う薬味って?

タレが分かったところで次は薬味です。本場、熊本でも醤油だけで食べるお店はまずありません。馬刺しの薬味の好みは十人十色です。薬味の組み合わせは無数にありますので代表的な物をご紹介致します。

馬刺しに合う薬味(1)すりおろしニンニク

馬刺しに合う薬味(1)すりおろしニンニク

馬刺しの王道薬味といえばニンニク&生姜です。本場、熊本ではニンニクと生姜の割合が(1:1)がメジャー。馬刺しを最大限引き立たせてくれます。抗菌、殺菌効果はもちろん、ニンニクには「アリシン」や「ビタミンC」が含まれ、これが免疫作用を増強してくれます。また「硫黄化合物」も含まれ、血液をさらさらにして血圧、血中コレストロールを下げるにも効果的です。血液さらさらで血行促進!冷え性にも効果ありです。難点は匂いが気になりますのでご注意を

馬刺しに合う薬味(2)ショウガ

馬刺しに合う薬味(2)ショウガ

生姜にも同様に抗菌、殺菌効果に加え、血管膨張や代謝促進があるので冷え性にも効果的。ニンニクとは違い匂いが残らないのでどんなシチュエーションでも楽しむ事が出来ます。ピリッとした辛みがあるので霜降りなどの脂がある馬刺しを相性◎

馬刺しに合う薬味(3)玉ネギスライス

馬刺しに合う薬味(3)玉ネギスライス

馬刺しには玉ネギスライスがよく盛り付けしてありますね、これは玉ネギに抗菌作用も含まれいすから馬刺しとの組み合わせが良いからです。またピリッとした辛みが馬刺しと食べた時のアクセントになります。玉ネギは血液さらさらにしくれたりビタミンB1が豊富なので疲労回復のも効果あり。玉ネギも繊維を立つようにスライサーでカットし流水で5〜10分さらすと辛みが落ち着きます。

馬刺しに合う薬味(4)大葉

馬刺しに合う薬味(4)大葉

盛り付けでも見た目も鮮やかに馬刺しを引き立ててくれます。抗酸化作用が高いビタミン類やカルシウムを豊富に含み、美容と健康に効果あります。大葉特有の香りは食欲を増進させますね。

馬刺しに合う薬味(変わりダネ)

一般的な馬刺しのご紹介して来ましたが、少し変わった薬味のご紹介します。

  1. わさび(わさび醤油)ワサビにも抗菌作用がありますので食べ合わせにも◎お刺身の定番組み合わせですが、甘い醤油が苦手な方におススメです
  2. 辛味噌 会津方面では馬刺しに辛味噌を付けて食べます
  3. 柚子胡椒 九州北部ではメジャーな薬味 ピリッとした辛みと柚子の香りが楽しめます
わさび

馬刺しに一工夫!アレンジレシピ

  1. 馬肉ユッケ

    まずユッケタレの作成

    レシピは馬肉50gに対してのタレレシピです。次に馬刺しをスライスカットして細切りにします。ボウルに細切りにしたユッケを入れユッケタレを入れます。もしあれば万能ねぎを一つかみいれ良くあえます。お皿に大葉もしくは玉ネギスライスを敷き丸形に形を整えます。真ん中にくぼみを作って卵黄のみを入れる。添え物に胡瓜の千切りやリンゴの千切りやレモンを添えると色合いが綺麗です。

    九州醤油10cc
    すりニンニク1g
    すり生姜1g
    ゴマ油0.5g
    お酢0.5g
  2. 馬肉お茶付け

    少し馬刺しが余った時にはお茶づけに

    市販のお茶漬けの元でも良いのですが、お家にあるなら白だしつゆで是非お試しください。馬刺しをスライスカットして細切りにします。お水に白だしつゆを加え温める。お好みの薬味を用意し(山葵、万能ねぎ、刻みのり)ご飯を盛る。細切り馬刺しをご飯の上にのせる。お好みの薬味をトッピング。

    細切り馬刺し20〜30g
    白だしつゆ10cc
    200cc

<食べ方>

  1. まずお醤油にお好みの薬味を入れてご飯の上にかけて馬肉丼風に食べる、途中であつあつのだし汁をかけてお茶漬けにして食べる。2度楽しめます。

まとめ

お醤油×薬味で組み合わせは無限にありますので、自分の好きな味を探しながら食べるのも楽しみの一つですね